池袋にある資産管理会社のノウハウブログ

エントランスの装花が素敵だから見てほしい

当社が池袋のサンシャイン60にオフィスを移転して、もうすぐ1年になります。毎日54階の景色を楽しみながら仕事をするつもりだったのに、3ヶ月前から在宅勤務になり、空の変化も池袋の様子も観察できない状態です。寂しっ!

最近は飾れていないのですが、オフィス移転をしてからエントランスに装花や小物を置くようになりました。今回はその写真をいくつかご紹介しようと思います。せっかくキレイに飾ったのだから、もっと人目に触れてほしいなと思いまして💐

季節を感じるエントランス装花

最初にお話ししておくと、飾っているのはほぼすべてプリザーブドフラワー。生花は長持ちしないですし、さすがに毎週花を入れ替えるとなると大変なので、手入れの必要がなく、それでいてリアルな質感のプリザーブドフラワーがおすすめ。

ハロウィンのカボチャモチーフ
クリスマスのミニツリー。本物の花材を使っているからチープさ皆無
新年は「迎春」のピックつきで
桃の節句はひな人形のうしろに椿の花を

素敵でしょ?素敵でしょ??

年間通して季節を感じる花を飾りたかったですし、そろそろヒマワリを置きたいところですが…テレワークなので置いたところで誰にも見てもらえない…!😫

センスがすばらしいお店、FiNEさん

当社がよく利用させていただいているのは、「FiNE」という徳島県にあるプリザーブドフラワーの会社さん。

プリザーブドフラワーFiNE 本店

ここのお店の商品はアレンジメントのセンスがすばらしいです。テーブルをパッと華やかにするもの、ウエディングに使えるものなどいろいろありますが、落ち着いた和花も多いのでオフィスのエントランスにぴったりではないでしょうか。

開店祝い、移転祝いは胡蝶蘭よりもこういう装花のほうが喜ばれるんじゃないかと個人的には思っています。立札やのしのサービスもあるようですし。

保存する環境にもよりますが、プリザーブドフラワーは基本的に数年もつので、季節ものの装花を翌年楽しむこともできます。美しいだけじゃなく経済的!

エントランスの装花をお探しの方、オフィスに限らず自宅に花を飾りたい方の参考になれば幸いです。

3+